読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ar-Rihla

旅と写真とあといろいろ

ぶらり欧州一人旅 6日目 2つの墓地とエロティズム博物館

紀行 珍スポ 写真

f:id:kamasho:20161013021809j:plain

欧州旅行6日目。地下に広がる大墓地カタコンベ、数々の著名人が眠るペール・ラシェーズ墓地、そしてパリ版の秘宝館、エロティズム博物館を訪れた。

2016/10/10 0:36

携帯のバッテリーが切れた。充電して起動したら今日付けのメモが全部消えていた。このアプリゴミすぎるだろ。

今日は8時過ぎに起床。明日、つまり今日の夜の宿を押さえる。ポルトのどまんなか。二泊で80.00EURだった。

10時前にはホテルを出てカタコンベに向かう。昨日空港からのバスが着いた場所なので簡単。が、長蛇の列。

コミケの壁くらい並んでいた。時間をずらせば空くだろうと思い、先に別の場所に行くことに。といっても別の場所を特に決めていなかったので、隣のマックに入ってWiFiを使う。ついでに朝食。グランドビッグマック。でかかった。価格もグランドで9.50EUR。いうほどグランドじゃないか。

マックのWiFiの入りが良かった。幾つか場所を見繕う。グランドビッグマックを感触。

コーラがでかい。1日乗車券を買ったので、それについてきた地図に行きたい場所をメモ。まずは蚤の市に向かった。

12時頃、蚤の市に到着。地下鉄からトラムに乗り換えた。ヴァンプという蚤の市。骨董から古着、なんかよくわからないガラクタまで。基本午前中開催らしく、チラホラと店じまいを見かけながらも、なかなか賑わっていた。最初に見た店でちょっと欲しい物があったが、帰りにもう店を閉じていて買えなかった。失敗した。

13時頃、蚤の市をあとにする。次に向かったのはシャンゼリゼ通り。降りる駅を間違える。マドレーヌ寺院とかいうのが目に入る。別にマドレーヌは売ってなかった。

f:id:kamasho:20161013003356j:plain

f:id:kamasho:20161013003452j:plain

f:id:kamasho:20161013003523j:plain

コンコルド市場に到着。

f:id:kamasho:20161013003629j:plain

f:id:kamasho:20161013003710j:plain

f:id:kamasho:20161013003758j:plain

f:id:kamasho:20161013003842j:plain

土産物屋にコンドームが売っていた。それで良いのか。

みんな大好きヌテラのクレープを食べる。しなびている。cafe de la posteのほうが美味い。3.50EUR。

シャンゼリゼ通り。特にこれといってなかった。

f:id:kamasho:20161013004012j:plain

凱旋門を目指す。疲れたので途中でバスに乗るが、別の場所に行ってしまった。再度乗り換えて到着。でかい。でかい以外の乾燥が特に浮かばない。彫刻すげーな―くらい。

f:id:kamasho:20161013004105j:plain

ブローニュの森に向かう。なんかこう、森だし。でも別に何もなかった。ちょっとだけ歩いて、一旦ホテルに戻ろうとする。

f:id:kamasho:20161013004215j:plain

ホテルに戻る途中に墓地があったので寄る。パリ最大の墓地。早すぎたBL王オスカー・ワイルドの墓がある。せっかくなので墓参り。なかなかにサイケな墓だった。しかし落書きがひどかったらしく、ガラスの囲いが設けられていた。遺産を汚す者共に災いあれ。

f:id:kamasho:20161013020948j:plain

f:id:kamasho:20161013021013j:plain

f:id:kamasho:20161013021044j:plain

f:id:kamasho:20161013021109j:plain

f:id:kamasho:20161013021132j:plain

f:id:kamasho:20161013021159j:plain

f:id:kamasho:20161013021229j:plain

f:id:kamasho:20161013021241j:plain

f:id:kamasho:20161013021308j:plain

そうこうしているうちに18時。カタコンベが確か20時までだったので、ホテルに戻らずにカタコンベに向かう。

相変わらずの行列。しかたがないので並ぶ。普段なら諦めるのだが、カタコンベを見るためにパリに来たと行っても過言ではないので、今回は諦めない。

列の進みが遅い。前の日本人カップルがしりとりを始める。暇な時にそれやったらもうおしまいのやつだ。女の方は肩からシグマのミラーレスを引っ提げていた。シグマのカメラ本体を使っている人を初めて見た。使いやすいのだろうか。ちょっと気になる。

50分ほどで入場できた。地下への階段が長い。螺旋階段の終わりがない。降りた先に冥府が広がっているのではないかと思えるほど。

路地を進む。広い。結構な距離を歩く。やがて広間に出た。そこからはずっと壁が人骨。一体何人分埋葬されているのか。19世紀初頭のものが目立つ。

f:id:kamasho:20161013021521j:plain

f:id:kamasho:20161013021540j:plain

ローマのカプチン会修道院、いわゆる骸骨寺で似たような光景を見たが、パリのカタコンベは規模が全く桁違いだ。暗い上にMFレンズ。ピント合わせが難しい。

f:id:kamasho:20161013021606j:plain

f:id:kamasho:20161013021633j:plain

f:id:kamasho:20161013021708j:plain

f:id:kamasho:20161013021731j:plain

f:id:kamasho:20161013021837j:plain

f:id:kamasho:20161013021913j:plain

カタコンベを出る。30分以上滞在していた。全く違い場所に出る。地下鉄が来た時と2駅ほどずれている。いかに巨大な地下墳墓かわかる。最後の上りの螺旋階段は死にかけた。足腰の弱い人には向かないスポットだ。

一旦ホテルに戻ろうかと思ったが、そのままエロティズム博物館に向かった。パリ版秘宝館。立地が赤線街らしく、ショーパブと思しき建物が乱立している。中は圧巻だった。カタコンベよりも写真を撮った気がする。思った以上に規模が大きい。もっとこじんまりしているのかと思ったら、地上6フロア+地下1フロアがエログッズで埋まっている。どこから集めてきたんだ。かなり楽しいのでおすすめのスポットだ。

f:id:kamasho:20161013022039j:plain

f:id:kamasho:20161013022157j:plain

f:id:kamasho:20161013022216j:plain

f:id:kamasho:20161013022232j:plain

f:id:kamasho:20161013022252j:plain

f:id:kamasho:20161013022311j:plain

f:id:kamasho:20161013022335j:plain

f:id:kamasho:20161013022359j:plain

f:id:kamasho:20161013022429j:plain

f:id:kamasho:20161013022451j:plain

f:id:kamasho:20161013022513j:plain

ホテルに戻る前に夕食。おすすめのレストランを聞いたのでそこに行く。ステーキとフレンチフライ。美味しい。ナシオンあたりにまで来ると高くてまずい観光客向けの飲食店が殆ど無い。

0時過ぎにホテルに戻る。洗濯をしようと思ったら、なんとコインランドリーが閉まっていた。24時間営業しろよ。なんのためのコイン式か。仕方ないのでまた手で洗う。気合を入れて脱水をする。手で絞ってから、タオルに挟んで足で踏む。これでだいぶ乾きが早くなる。明日は12:30にパリを発つ。空港に10時にはついていたい。となると、ホテルは8時に出れば良いか。

本日の出費(うろ覚え)

飲食

朝食(グランドビッグマック) 9.50

昼食(クレープ) 3.50

夕食(ステーキとフライドポテト、コーラ) 23.50

飲料 5.00

観光

カタコンベ 12.00EUR

エロティズム博物館 10EUR

1日乗車券 11.70EUR

合計

62.20EUR

広告を非表示にする