Ar-Rihla

旅と写真とあといろいろ

【唐突に所有レンズレビュー】2万円でお釣りがくる等倍マクロ SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG

f:id:kamasho:20171101171353j:plain

実家で暇なので持ってるレンズのレビューでもしようと思う。まずは一番使ってないSIGMA 50mm F2.8 DG MACROから。

めちゃくちゃ安いフルサイズ対応のもっさりマクロ

50mmのマクロレンズはいくらでもあるけど、このレンズの強みはズバリ価格だと思う。新品がAmazonで29,000円、中古はなんと15,000円くらいから転がってる。フルサイズ対応でF値も2.8始まり、AF搭載のマクロレンズが1.5万は安い。

解像感も申し分ない。等倍でみてもそこそこ使えるレベル。50mm単焦点なので重量も315gと軽め。流石にAF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gなんかと比べれば重いけど、あっちはマクロレンズじゃないし、315gでも十分取り回しやすい。

デザインはちょっとクラシカル。Dfに付けるとかっこいい。絞りリングも使えるしね。あ、絞りリング付いてるからフィルム機でも使えるってのも人によっては利点かも。

f:id:kamasho:20171101181422j:plain

一方難点を上げるとすれば、フォーカス周りだと思う。といってもAF精度の話ではなく、AF速度と動作音、AF/MFモードがないところ、それから前玉回転式フロントフォーカスである点があまり好きになれない。

まず速度だけど、普通に遅い。なんならMFで合わせたほうが早い。次に動作音。グイーンという感じで結構うるさい。メカメカしくて逆に好きだという人は居そうだけど。

加えて、このレンズはAF/MFモードが存在しない。AF時はピントリングが完全にロックされて、MFで微調整することができない。これが割りと不便で、AFの遅さも相まってMFで使ったほうが便利だとすら思える。

そしてフォーカス方式の問題がある。これは好き嫌い人それぞれだと思うんだけど、このレンズのフォーカス方式はフロントフォーカスで、更に前玉回転式というもの。現行のレンズはほとんどインナーフォーカス方式でピント調整時にレンズの長さが変わるなんてことはないと思うんだけど、フロントフォーカスだとピント調整で望遠ズームみたいに前玉がせり出してくる。それもちょっとではなく、このレンズ、ギリギリまで寄った状態でピントを合わせるとレンズ長が2倍くらいに長くなる。ちゃんと見てないと勢い余って被写体にぶつかってしまう。しかも前玉回転式って言う名の通り、ピント合わせで前玉がくるくる回る。PLフィルターなんか付けてるとピントを合わせたあとにPL側を調整する必要があるし、花形フードは付けれない。まあ50mmなんで花形フード付けないけど。

と、難点を幾つか上げたけど、正直設計自体が古いから仕方ない感が否めない。値段も安いし、妥協すれば十分使えるレンズであることは間違いない。特にマクロ撮影もできる50mm単焦点として使う分にはコスパが高いと思う。

作例

Dfとこのレンズだけで近所の公園を散歩してきた。

f:id:kamasho:20171103194448j:plain

f:id:kamasho:20171103194454j:plain

f:id:kamasho:20171103194500j:plain

f:id:kamasho:20171103194507j:plain

f:id:kamasho:20171103194513j:plain

f:id:kamasho:20171103194517j:plain

f:id:kamasho:20171103194523j:plain

f:id:kamasho:20171103194532j:plain

f:id:kamasho:20171103194538j:plain

やっぱり動体を撮る時はAFのもっさり感がネックになってくる。アヒルはもう基本MFで撮っていた。アヒルのアップは等倍の切り出し。これだけ写れば十分じゃなかろうか。

まぁ、Tamronの90mm買っちゃったってのもあって使用頻度はこれからもそんなに高くないと思う。50mmの画角がほしい時はNikkor 50mm F1.8の方が便利だしね。